失業保険受給期間のアルバイトについて

失業保険受給期間のアルバイトなどには注意点があります。

求職中でもアルバイトなどはできますが、ハローワークに申告が必要で、失業保険の減額がされたり、自治体によっては原則禁止の所もあるので必ず確認しましょう。

例えばアルバイトに専念してしまい、再就職の為の活動をせずにいると、次の認定日までに2回以上の求職実績が無いと見なされて手当が支給されなくなる可能性があります。

しかし、アルバイトなどを行なっていた方が生活のリズムが取れてよいと感じる場合もあるので、求職活動差し支えのない程度に働く事は良い事かもしれません。

ハローワークもアルバイトに関しては厳しいのですが、内職扱いにしておくと、減額される事無く保険の支給を受けることが出来ます。

1日当たりの失業手当と内職の日収を足した合計収入額が賃金日額の8割以内で週20時間未満ならば良く、例えば30歳月収30万の夫ならば、大体時給1000円で1日3時間程度ならば働いても満額の支給を受け取る事が出来ます。

詳しくはハローワークに問い合わせ、不正受給に当たらないように、申告漏れの無い様にくれぐれも注意が必要でしょう。

リストラ後に失業保険の手続きも終わり、求職活動を行ないながら他にも収入を得たいのならばアルバイトや内職という方法になると思います。

但し、そのような状況でアルバイトをした場合は、手当てが先送りになったりなどで注意が必要ですが、「1日の労働時間が4時間未満で、週に20時間未満」ならば内職と認められ問題ありません。

失業手当の日額と内職の収入合計が、夫が在職中の賃金日額の8割に納まるならば、満額の手当が受けられます。

最近の内職はパソコンを使用する仕事内容が多く、パソコンが使えるならば、仕事に不自由する事は少ないでしょう。

----PR-----------------------------
ネット副業で月収30万以上の
収入を得たいあなたに朗報!

●今、最も稼げる注目のネット副業とは?
●初心者が必ず陥る、ネットビジネスの間違った常識とは?
●アフィリエイトでも情報起業でもない、第三の稼げる手法とは?

ほったらかしで月30万!
ネットビジネスで
副収入を賢く稼ぐ方法
期間限定
無料プレゼント中!

詳しくはこちらをクリック!
-----------------------------------
ファイル転送ソフト
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。