営業の仕事テクニックについて

自分だけで背負わないようにすることが大切ですので、営業アシスタントがいない場合でも、上司などに相談しながらすすめることが重要です。その場の雰囲気を和ませるためにもユーモアのあるトークをしてみましょう。そうすれば営業マンは自分の成績をあげるように頑張ろうとするからでしょう。営業のコツのひとつとしてセールストークというものがあります。営業マンの中には玄関先に居座ってでも「しつこい営業」をして、無理やり商品を買わせるような人もいます。営業アシスタントと相談して、スケジュールを決めることが大切です。お客様のニーズや、いろいろな悩みを聞くことで、信頼関係が深まるといいます。さらにどんなにセールストークが素晴らしくても、人に与える雰囲気が悪ければ意味がありません。

女性の営業職の場合もふさわしい化粧や髪型にするように気を配りましょう。では、どうしたら売れる営業マンになれるのかお話します。確かに営業職は会社の利益がかかっているので、あらゆる方法で商品を売り込むこともあるでしょう。営業のテクニックは自分自身で見つけていくことも大切ですが、たまには営業アシスタントを話をしてみましょう。営業マンはいかにその商品の魅力を伝え、お客に買いたいと思わせる話ができるか、日々研究しています。これもひとつのテクニックとして自分自身をよく知りつつ、長所を生かして営業につなげることが売り上げにつながるに違いありません。会社側は営業職に対して、その成果に応じてその分の給料を支払うという「歩合制」を適用していることが多いようです。

どうしたら買ってくれるのか、そのテクニックも自分なりに見つけていく必要があります。さらに営業のテクニックとして、聞き上手というものがあります。聞き上手ともにふざけすぎない程度のユーモアはひとつの武器になるでしょう。なぜなら営業としては当然「売りたい」からです。営業活動しているとさまざまなトラブルもありますから、営業アシスタントがいると、早い対応もできますし、それだけ早く解決できるということです。またいくらアポイントを取ってからの営業だとしても、相手は緊張しています。いずれにしても清潔感のある印象をお客に与えるように気を配ることが大切です。

服装の乱れや、悪い印象の髪型、靴が汚れているのはよくありませんし、営業職はスーツを着ることが多いですが、クリーニングやアイロンで整えておき、靴や靴下にも気を配りましょう。まず営業活動を把握します。ここでは「いかに営業アシスタントを活用できるか」とい能力が必要です。しかし実際にはノルマが厳しいことでそのプレッシャーに負けて仕事をやめてしまう人もいます。一年、一ヶ月、一週間、一日と売上目標を決めて、活動することが必要です。自分の特徴などを聞いてみると、気がつかなかった新たな一面に気がつくかもしれません。ただ一方的に話していても、自分だけのアピールで、聞き手には退屈を与えてしまいますし、自分のことしか考えていないという印象を与えてしまいます。

----PR-----------------------------
ネット副業で月収30万以上の
収入を得たいあなたに朗報!

●今、最も稼げる注目のネット副業とは?
●初心者が必ず陥る、ネットビジネスの間違った常識とは?
●アフィリエイトでも情報起業でもない、第三の稼げる手法とは?

ほったらかしで月30万!
ネットビジネスで
副収入を賢く稼ぐ方法
期間限定
無料プレゼント中!

詳しくはこちらをクリック!
-----------------------------------
ファイル転送ソフト
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。