開業資金について

国民生活金融公庫には、「普通貸付」という融資制度があり、4,800万円以内ならば、資金使途は自由になります。返済期間は運転資金の場合は5年以内、設備資金の場合は10年以内と無理のないもので、金利も低いのがメリットです。パソコンを購入したり、仕事に使う車を買ったり、設備の資金にしたりと、開業のために使う物はもちろんのこと、どんなものにでも使えるのです。

借りやすさという点からいうとノンバンクがありますが、金利が高めだということは忘れてはならない点です。このような制度は、自宅での開業を考えている人にとっては、正に心強い味方となるでしょう。自宅での開業で資金を借りる場合、相手が家族や親戚などを除けば、どの金融機関の場合でも返済期限や金利などの心配はついてまわるもので、そのリスクはできるだけ小さくしたいものです。

開業しようとしたときに、まず心配しなければならないのは、やはりなんといってもお金です。そのほかにも国民生活金融公庫では、「新規開業向け資金」や「女性・中高年起業向け資金」をはじめいろいろな助成金の制度が整えられています。つまり融資を受けるために利用目的を明確にする必要がないということです。

融資を受けるならやはり安全性を考えなければならいでしょうから、そういう点では政府系を選ぶことをおすすめします。インターネットや趣味の延長といった仕事は、ほとんど開業資金はかかりませんが、専門的な分野では、どうしても必要になってきますよね。そういうときの開業資金はどうやって調達すればいいでしょうか。

----PR-----------------------------
アフィリエイトで収入を得たいあなたに朗報!

●95%の人がなぜ、アフィリエイトで
 5000円すら稼げないのか?
●初心者が必ず陥る、
 アフィリエイトの間違った常識とは?
●アフィリエイトで稼ぐために
 必要なある手順とは?

片手間アフィリエイトで
手堅く稼ぐ方法
期間限定
無料プレゼント中!

詳しくはこちらをクリック!
-----------------------------------
ファイル転送ソフト
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。